法人概要 サポート事業 採用情報 リンク 家族会

社会福祉法人 京都ライフサポート協会
理事長 樋口幸雄


2015年12月 
福祉の使命と責任

 力の価値の究極が戦争やテロですが、力によらない価値を認め合い、一人一人の幸福を追求するのが福祉ではないかと思います。
しかしながら、長い歴史の中で、戦争や紛争が途絶えた時代が一度としてなかったように、この福祉の理想、つまりどのように困難な障がい状況にある人も「ありのままに あたりまえに」暮らせる社会を実現させている国や地域はどこにもありません。
これは人類の永遠のテーマであると思いますが、戦争やテロと福祉は表裏一体の関係であるのも事実です。


戦争の惨禍はおびただしい数の傷痍軍人を生み、彼らの社会復帰のシステムとして、福祉政策が発展してきた歴史が物語っています。
戦争やテロが続く限り、新たな障がい児者が増え続けるのです。
戦争やテロを一刻も早くなくし、平和な世界を実現させるために、今こそ福祉の果たすべき役割は極めて大きいのではないかと思います。
 

力でない価値の尊さを社会に広め、かけがえのない、小さき、小さき命の大切さをより良い実践を通して社会に訴え続けること。
これが福祉に携わる者の使命と責任ではないかと思います。
 
 
 
2015年12月 2013年3月 2013年1月 2010年 2009年
2008年 2007年 2006年 2005年 2004年
2003年        

info@LIFE.or.jp
(C) Copyright 2001 - 2009 KYOTO LIFE SUPPORT KYOKAI. All rights reserved.
社会福祉法人京都ライフサポート協会

過去のコラム

2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年