2003年
法人概要 サポート事業 採用情報 リンク 家族会

ありのままの自立を支える
ユニットケアーから見た自立支援

社会福祉法人 京都ライフサポート協会
理事長 樋口幸雄

2003年3月

一昨年,50年ぶりに社会福祉事業法が改正され,社会福祉法として新しく生まれ変わると同時に,知的障害者福祉法も大きく改正されました。


障害者の社会参加と経済活動への参画と言うことが,初めて明確に法にうたられたわけです。この改正によって「何が」変わろうとしているのかと言いますと,それは障害のある人たちの「自立」の概念がここにきて,ようやく,その言葉の本来の意味・形で使われ始めようとしていることではないかと思います。


 従来の施設における〜比較的自立度の高い人たちを対象とした〜指導訓練による,到達目標的な自立支援ではなく,どのように重い障害のある人でも。その障害状況に応じた一人一人にあった生活を実現するという意味での「ありのままの自立」というものにようやく固まってきたことにあるのではないかと思います。

このありのままの自立を支えるという理念に基づいた支援ということがこれからの福祉に求められている「専門性」ではないかと思います。

どのように重い障害があっても。当たり前に暮らす方法は必ずある。その方法論を編み出す仕事が,我々援助常務にあたる者の専門性なのでと思います。これからの福祉施設・地域福祉を問わず,そのあり方を考えていくとき,この,障害のある人の「暮らし」を当たりまえという視点で捉え直していくことが大切です。


 地域=自立生活ではありません。自立生活というものは,地域の中に存在するという「形」が大事なのではなく,どのように存在するかということが大事なのだと思います。
つまり,どこで暮らしているかではなく,どのような「暮らし」をしているかがより重要なことではないでしょうか。家庭であれ,グループホームであれ,施設であれ,そこでの暮らしの中身がまず問われなければならないと思います。
 
 今,時代は,地域支援ばやりです。「地域」と名の付かないセミナーや講演会を探す方が難しいくらいの盛況ぶりです。
 私は懐疑的な人間なのかもしれませんが,正直,そうした流れには着いていけません。
私には,地域,地域という言葉ばかりがお題目のように一人歩きをしているように見えます。一向に障害の重い人達の「暮らし」の中身が見えてきません。否。スッポリと抜け落とされているというのが,今回の支援費ではっきり見えてきたのではないかと考えています。


 いたずらに。「地域」という言葉に惑わされずに,障害のある人たちの現実的な視点に立って,最も障害の重い人たちの生活の質を高めることが私のテーマです。

我が国には,43万人の知的障害の方がおられ,内34万人が成人で,その内10万人を越える人たちが入所施設を利用している現実の中で,この入所施設のあり方を抜きにしては考えられません。

最も障害の重い人たちが現実として,入所施設を居住の場として利用されている以上,ここでの生活の質をいかに高めていくかということが,外国ではいざ知らず,我が国においては,知的障害者福祉全体の質的向上にとって不可欠な課題ではないかと考えています。
 

庵はそうした思いのこもった「施設」で。ユニットケアーは最も思い障害のある人たちにとって,最も有効な援助方法であると考えています。

過去のコラム

2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年

横手通り43番地「庵」の暮らし

2003年1月


明けましておめでとうございます。 

知的障害のある人の生活施設 横手通り43番地「庵」は、大勢の個人・団体・関係各機関の皆様方の善意のあふれるご理解とご協力をいただいたおかげで、昨春4月1日に開所し、今日まで大過なく運営をすすめてきております。

利用者のみなさんも、「庵」の暮らしにいつの間にかとけ込み、誰の表情にも笑顔が見られるようになりました。当初、環境の変化を受け入れられず、その不安を全身でぶつけてこられる幾人かの人たちに、ただひたすら寄り添い続け、嵐のような夜を過ごした日々のことが、今では遠い過去のように思われます。

 最近では、10数年もの間、激しいこだわりの呪縛に苦闘し続けた利用者の方が「庵」でのわずか半年間で、内発邸な努力と「庵」の環境により問題行動を劇的に克服した事例も出ています。こうした人たちが懸命によりよく生きようとする姿は、私たち援助業務に携わる者に、障害とは何か、援助の目的とは何か、そして「庵」で働くとは何かと、実に多くのことを考えさせ、学ばさせてくれています。
 

 激しいこだわり、物こわし、自傷、他害という極めて特異な環境への不適応行動を示す利用者の多い「庵」が、これほど早い時期に落ち着いた生活の場となっているのは、「小規模であること」「全室個室であること」「日中活動の場を地域の中に設けていること」「ユニットケアを実施していること」という「庵」の基本方針と同時に、週末帰宅に積極的に取り組んでいただくなど、家族が施設と一体となり、バランスのとれた連携をとっていただいていることが、何よりも大きな力となっています。この信頼の絆をなくしては、どのような実践も実を結ばないということをあらためて気づかされています。
 

 いよいよ今年は戦後50年間続いた措置制度が廃止され、新たに支援費制度が導入されます。特に、入所施設にあっては真に必要な施設のみを残すという国の意向が示されております。一連の施策の方針転換については、その現状把握に大きな戸惑いを感じていますが、これを前向きに受け止め、事業者主体の福祉から利用者主体の福祉へという理念の実現へ向けて、より一層のサービスの質の向上に努力したいと考えています。

 幸い「庵」の住環境は日本でも有数の立派なものとなりましたが、今後は地域生活支援システムを如何に構築できるか、法人の真価の問われるところと考えております。
 

 又、この相楽地域には、相楽福祉会・いづみ福祉会という、時代をリードする優れた地域支援を実践しておられる先達法人があります。私たち法人も、ネットワークの中で、生活施設「庵」でしかできない地域生活支援と、工房グリーンフィールドを拠点とした就労支援の役割を積極的に担い、相楽地域の福祉に貢献していきたいと考えています。

2015年12月 2013年3月 2013年1月 2010年 2009年
2008年 2007年 2006年 2005年 2004年
2003年        

info@LIFE.or.jp
(C) Copyright 2001 - 2009 KYOTO LIFE SUPPORT KYOKAI. All rights reserved.
社会福祉法人京都ライフサポート協会